趣意書

新発田市立中川小学校閉校記念事業
趣  意  書  

暑さ厳しいこのごろですが、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
 さて、中川小学校は、平成二十年三月三十一日をもって閉校し、加治川小学校・新金塚小学校と統合して新しい「加治川小学校」となって、現加治川小学校の地に生まれ変わることになりました。
「明徳校」として創立以来百二十四年を数え、歴史と伝統のもと多くの有為な人材を送り出し、地域の教育と文化のセンターとしての役割を果たして参りました。中川小学校を閉じてしまうのは、大変残念であり、寂しい限りではありますが、時代の流れ、社会の急激な変化により、やむを得ないところでもあります。これまでの素晴らしい教育と先進的な指導で大きな成果を得られたのは、学んできた児童や教職員の努力もさることながら、それに加え、地域の皆様や諸先輩方、教育委員会および関係各位の学校に対する並々ならぬご理解とご支援があったからこそと思います。ここに、心から感謝と敬意を表する次第であります。
 この度の閉校、統合を迎えるにあたり、これまでの歩みを振り返るとともに、先人の努力を偲び、併せて統合先の学校でも子どもたちが、中川の教育目標である「自学する力・思いやる心・やり抜く力」を体現していくように願っています。また、地域が今後も一つとなって発展と充実することを願って、下記のような記念行事、記念事業を計画いたしました。
         記            
1.記念行事   
※ 平成20年3月初旬頃の予定
  (1)記念式典   (2)思い出を語る会
2.記念事業
  (1)記念誌の発行 (2)記念碑の建立 (3)記念品の作製 

つきましては、これらの趣旨をご理解くださいまして、何分のご協力を賜りますよう、心からお願い申し上げます。


1口5000円 募金目標 270万円

*1戸あたり、1口以上のご寄付をお願いします。 
*平成18年度(2000円以上)と19年度(3000円以上)に分けて募金します。
*後日、ご寄付のお願いにあがります。







平成18年8月吉日

新発田市立中川小学校閉校記念事業実行委員会委員長  中野 修身
新発田市立中川小学校教育振興会長          菊池 松太郎