2007 中川小学校 6年日記   1年 2年 3年 4年 5年 6年 保健室 もどる 

 3月2日(日) 閉校記念式典「中川小のあゆみ」大好評!
 盛大に閉校記念式典が行われました。
 6年生は、中川小最後の卒業生として「中川小のあゆみ」を発表しました。この発表に向けて、2学期後半から総合的な学習の時間の学習として、中川小についての調べ学習を行ってきました。
 調べ学習では、文献を調べるだけではなく、中川小を卒業した保護者の皆様やご親戚の皆様にインタビューにご協力いただくことで、「生きた情報」を集めようと考え、冬休みの課題にしました。
 発表原稿の素案は、子どもたちが自分たちが集めた情報をもとに書いたものです。自分の家族や親戚に聞いて感じたひと言スピーチは、原稿を見ることなく子ども自身の生の言葉で発表しました。
 中川小の歴史を締めくくる大舞台での、6年生の子どもたちの発表は、地域の方々から大好評でした。  

 2月27日(火) 六年生を送る会
 六送会では、4,5年生の実行委員が中心となって、計画を立てて運営してくれました。6年生を送る会では、わずか1時間半の時間でしたが、盛りだくさんの内容を盛り込んでくれました。
 在校生による呼名での一人一人の入場に始まり、保護者からお貸しいただいた6年生の幼い頃の写真を使った6年生クイズ、親御さんからのメッセージ朗読、手作りプレゼント、在校生による合唱、1人1人への垂れ幕メッセージ・・・。下級生の準備や練習についてほとんど知る機会がなかったので、感動もひとしおでした。
 最後には6年生がお返しとして、「心絵(こころえ)」を歌いました。歌の間奏には各学年の子供たちへ新しい学年に向けてのメッセージを呼びかけました。  

 2月19日(火)〜22日(金) 思い出に残るありがとう週間
 「6年生ありがとう週間」として、1〜5年生と様々なレクリエーションを楽しみました。ありがとう週間のイベントはすべて下級生が進めてくれました。  

 2月15日(金) 親子コサージュ作り
 卒業式で身につけるコサージュ作りを行いました。保護者の方々の指導のもと、親子で1つずつのコサージュを作りました。
 児童にとって初めてのコサージュ作りにもかかわらず、全員が限られた時間内に完成させることができました。6年間で大きく成長した児童が、おうちの方と向かい合って作業している様子を見ていて、とても微笑ましく感じました。  

 1月30日(水) 中学校入学説明会
 卒業まであと2か月とせまった6年生。中学校入学へ向けて、毎日気持ちが高まってきます。加治川中学校の先生方・生徒の方々をお招きして、中学校入学説明会が行われました。
 当日は、中学生の学習や部活動、生徒会や行事などについてのお話をお聞きしました。また、中川小を卒業した中学の先輩方から、期待と不安でいっぱいの6年生に対して、中学校生活についてスピーチしていただきました。

「中学校では、先輩・後輩の上下関係があり、心配している人もいると思います。ぼくもその一人でしたが、加治川中は優しい先輩方が多く、いろいろと教えてくれました。だから、安心して中学校に来てください。待っています。」  


 1月22日(火) エイズについて考えよう 〜授業参観
 授業参観で保健体育の授業「病気の予防」の学習を行いました。参観日当日は、保健所員さんを外部講師としてお招きし、エイズ(後天性免疫不全症候群)に重点をおいて学習しました。
保健所の先生 「HIVに感染した人が蚊にさされて、その蚊がほかの人を刺すことで移るでしょうか。」
子どもたち 「ウィルスは血液を通して移るということなので、蚊の針に血がついていて、そこにウィルスが入っているから移ると思います。」
保健所の先生 「実は、蚊の針は非常に細く、そこについたくらいの血液の量ではHIVウィルスは感染しません。また、蚊がせっかく取り入れた栄養となる血液をはき出すことはありませんよ。」

 12月3日(月) リピーター続出?「お化け屋敷」その1 〜中小祭り〜
 6年生のお店は、旧校舎1階廊下を使った「お化け屋敷」でした。当日は適度に暗い雨空で、「お化け屋敷日和?」でした。
 さて、実際のお化け屋敷では、子どもたちの工夫の多くが功を奏していました。まず、T.Hさんが放送室から持ってきた、放送用の照明の強烈な光で、入る人の目を見えにくくすることから始まります。
 次にM.IさんとS.Bさん、M.Hさんが作ったお墓に意識がいきます。すると、人が隠れられそうもないわずかなすき間から、R.EさんとI.Cさんがおどかします。
 暗闇を前進すると、J.Iさんが作った黒ビニール袋と暗幕などで廊下中央を仕切ったコースのおかげで、奥に行くほど通路は狭くなり暗くなります。入った人は最初のことがあるためになかなか前に進めませんでした。なかなか出てこないお化けに、「脅かすなら早く出てきて。」と言いながら恐る恐る歩いている人もいました。

 12月3日(月) リピーター続出?「お化け屋敷」その2 〜中小祭り〜
 折り返し地点ののれんをくぐり、おそるおそる折り返そうとすると、背後からY.Yさん、Y.Hさんの第二のお化けの登場です。懐中電灯で仮面を照らす作戦は好評でした。
 せまい通路をぬけてホッとしたのもつかの間、物かげから第三のお化けのY.Aさん、R.Iさんがおどかします。広い通路を急いで逃げよう・・・と思いきや、今度は踏み切り板の段差につまずき、足止めを食います。そこには、K.Yさんが作った紙粘土の手首と生首があります。
 家庭科室前には、A.OさんとA.Aさんの用意したビブスののれんが視界をさえぎり、足下には鈴、左側には緑に光るお墓がありました。そこで最後のお化け、ミイラ男に扮するT.HさんとT.Hさん(イニシャルは同じですが別人です)の登場です。戸を開ける大きな音で驚きます。A.Oさん、A.Aさん、J.Iさんが仕掛けた踏み切り板とマット、そして謎の白い布のせいで思うように逃げられません。何とか外に出られた人はみな、怖かったような顔か、引きつり笑いでした。(泣いた人もいたような・・・。)

 11月〜  6年生の中小祭りの出店「お化け屋敷」準備中
 12月3日に、各学年がゲームやワークショップなどのお店を出し合う「中小祭り」が予定されています。6年生は「お化け屋敷」を開きます。
 学級会での話し合いによって、基本コースや仕掛け、脅かし方、担当メンバーなどが決まり、準備や練習に励んでいます。リハーサルでは、仕掛けや脅かし方があらかじめ分かっている私たちでさえ、ところどころで驚きの声や悲鳴が響いていました。これから改良を重ねて当日を迎えようと考えています。

 11月5日(月) 見た!聴いた!歌った!「本物の舞台芸術鑑賞」
 中川大祭明けのワークショップで、二期会4名の方々に歌い方について教えていただいたことをもとに、子どもたちは練習に励んできました。
 この日、「本物の舞台芸術鑑賞」が行われました。今回は二期会の27名の皆様が中川小学校の体育館でプロの歌声、プロのオペラを披露してくださいました。
 後半は自分たちの出番です。6年児童の指揮のもと、合唱曲「ビリーブ」「歌よありがとう」を歌いました。6年生はどちらも副旋律パートでした。ワークショップで二期会の方々に教えていただいたことを生かして、心を込めて歌う子どもたちの姿と歌声に、メンバーの一人の方が涙を流してくださいました。
 「中川小学校校歌」は、いつものように6年生の合奏をバックに歌いました。昨年度の卒業式、今年度の入学式とはまた違った雰囲気での演奏ですが、さすが場数を踏んできた6年生です。堂々としたバンド形式の伴奏に二期会の方も驚いておられました。

 10月26日(金) 前期レッツゴーグループの解散式&後期グループスタート!
 朝の解散式では、グループ毎に集まって、これまでの活動の思い出についてスピーチし合いました。5年生から1年生のスピーチを聞き、最後は6年生から下級生にメッセージを贈りました。「全校遠足では、雨の中でも楽しく遊びました。」「○○さんは掃除の時間に一生懸命にはいてくれていましたね。」最後の握手の場面でも、握手をしながら言葉をかけている児童の姿も見られました。
 後期レッツゴーグループの活動が始まりました。新しいグループ長のもと、毎日の掃除、11月の体力テストなどでの活躍を期待しています。

 10月14日(日) 中川大祭「音楽発表会」
  音楽発表会では、5,6年生は、合奏「生命のいぶき」と合唱「小学校唱歌メドレー」を発表しました。
 「生命のいぶき」は、ゆったりした三連符のリズムに乗って、心を合わせて演奏できるように練習してきました。2番のドラム&バスキーから始まるパート毎の見せ場では、観客の目と耳が自分たちに集中しているプレッシャーを感じながら、練習の成果を発揮することができました。
 「小学校唱歌メドレー」では、歌唱共通教材の中から、11曲をメドレーで歌いました。日本古歌「さくらさくら」から幻想的に始まり、季節毎にメドレーで歌っていきます。最後は子どもたちと地域の方々の母校「中川小」をいつまでも心に残し続けようという気持ちで「ふるさと」を二部合唱で歌って締めくくりました。「みんな知っている歌だから、会場でも歌を口ずさんでいる人がいたよ。」と気づいた児童もいたそうです。

 9月26日(水) 新発田市小学校親善陸上大会
 五十公野(いじみの)陸上競技場にて、市内の6年生1000人以上が一堂に会して陸上大会が行われました。閉校、統合を控え、中川小学校として参加するのも今年が最後です。100Mは全員参加ですが、それ以外の種目は人数制限に合わせて選手を決定しました。子どもたちは、夏休み末から陸上大会に向けての練習に取り組んできました。子どもたちは、全力を出して、自己ベストを目指しました。残念ながら入賞には届かなかったものの、自己記録を更新した児童も多かったです。

 9月21日(金) 全校遠足版「レッツ遊び」を決めよう
  9月28日(金)に、全校遠足が予定されています。当日は、レッツゴーグループ(全校縦割り班)ごとに歩いて大天城公園を目指します。
 公園に着いたら、遊び時間があります。そこで、レッツゴーグループでの遊び方を考えることになりました。
 9月14日(金)のふれあいタイムに、5,6年生で考えた遊び方の原案から、1〜4年生も交えて遊び方を話し合いました。9月19日(水)に、5,6年生で再度話し合って、役割分担や時間配分など、細かい動きを相談しました。9月21日(金)のふれあいタイムに第2回のレッツゴーグループの打合せを行い、全校遠足のめあてや遊び方などを決定しました。

 7月24日(火) 三校交流水泳練習
 新発田市加治川地区にある、加治川小、中川小、新金塚小の三小学校では交流活動を行っています。6年生は4年の時からすでに何回も交流活動を行っています。
 この日は、三校合同の水泳練習が、加治川小学校のプールで行われました。7月26日に行われる地区水泳大会直前に合同で練習を行い、お互いの泳力の仕上がり具合をつかみ合うことをねらいにしています。
 当日は種目に分かれて合同で練習を行いました。最後に、三校対抗男女混合全員300mリレーを行いました。

 7月11日(水) 家族の協力を得て朝食のおかずを作ろう
 家庭科では、「朝食を作ってみよう」という学習を行いました。おうちの人の協力を得て、各家庭で朝食のメニューを作る練習を行ってきました。当日、家庭から持ち寄った調理器具から、子どもたち(&家族?)の気合いが伝わってきました。
 卵焼きに野菜炒め、目玉焼きにサラダ・・・、朝食メニューとしては「王道」が多かったです。その日の給食は、運良く軽めのメニューでしたので、朝食メニューといっしょにいただきました。ややしょっぱかったという意見が聞かれましたが、おおむね満足のいくできだったようです。昨年度の今頃、1時間半をかけて野菜サラダを作った時とは、子どもたちの包丁さばき、鍋さばきが違いました。

 6月28日(木) 学年の枠を超えた「レッツ?遊び」
 午後の「ふれあいタイム」は、異学年遊びでした。児童会の学校生活向上の取組「リフレッシュ運動」での提案「学年の枠を超えて遊ぼう」を受けて、学年もレッツゴーグループの枠も超えて、やりたい遊びに集まったメンバーで遊ぶという「レッツ?遊び」を行いました。  低学年が加わったときに、みんなが楽しく遊べるようにどう工夫するかが、6年生の腕の見せ所でした。

 6月13日(水) 発表朝会「佐渡修学旅行を発表しよう」
 佐渡の修学旅行の様子と成果を、自作ホームページを映しながら発表しました。
 教育テレビの社会科番組であるように、児童が掛け合いを行う発表に挑戦しました。最後には国語の学習を生かして、自作の俳句でそれぞれの場面を締めました。

 5月23日(水) 1年生に中小盆踊りを教えよう
 中川小学校には、向中条地区の盆踊りをベースに6年前の卒業生が創作した「中小(なかしょう)盆踊り」があります。
 運動会に向けて、5,6年生が1年生に「中小盆踊り」の振り付けを教えました。自分たちで見本を見せたり、時には1年生の手をとって踊り方を教えていました。
 わずか30分程度の練習時間でしたが、熱心な指導の成果で、1年生はあっという間に踊り方を覚えてしまったようでした。

 5月20日(日) 親子学年行事「校内オリエンテーリング」
 来年3月で閉校を迎える中川小学校の校舎全体を使ったオリエンテーリングです。学年部役員の方々が企画、運営した行事でした。
 中川小学校は今年で創立124年となり、新校舎は昭和40年代、旧校舎は昭和30年代に建てられたものですので、校舎内のあちこちに無数のオリエンテーリングの「ポスト」となるネタが点在しています。卒業記念品や、掲示物、職員の管理箇所などの写真を印刷し、「ここに入る言葉は何?」「この部屋の管理者は誰?」と問いかけます。6年生の子どもたちでさえも、「こんな物あったかな?」と考えてしまう難問(?)もありました。事前に役員さんが校舎内を歩き回って写真を撮り、パソコンで画像処理したり問題を考えたりしてくださったという苦労も感じ取ることができました。
 昼食時には、1週間遅れの母の日のお手紙とカーネーションを渡すというサプライズ・イベントもありました。

 4月19日(木) 1年生を迎える会
 児童会の運営委員会が主催する、1年生を迎える会が行われました。  運営委員は3人とも昨年度と同じメンバーですが、今年度は自分たちが最高学年として5年生に頼られる立場でした。しかし、さすが昨年度から様々な児童会行事を運営してきたメンバーです。あいさつに、司会に、ゲームに、心に余裕をもって立派に運営することができたと思います。
 ほかの6年生も、「ちょっと子どもっぽくて恥ずかしいなあ」というイベントもあったと思いますが、そこは全校のリーダー、意識的にハイテンションで会を盛り上げようとがんばっている様子が伝わってきました。

 4月13日(金) レッツゴーグループ結成式
 中川小学校ではレッツゴーグループ(縦割り班)を編成して、異学年交流を重視した活動を数多く行っています。
 この日、前期レッツゴーグループ結成式が行われました。結成式では、各グループのメンバーの自己紹介をし、グループのめあてを決めました。その後、レッツゴーグループ団結ゲームとして、「グループ長を覚えよう〜あいさつ&似顔絵リレー」を行いました。グループ長にあいさつをし、グループ長の顔をよく見て、目・鼻など顔のパーツを1人ずつ描いていくゲームでした。
 「自分の顔の特徴をよくつかんでかいてくれたと思います。」「実物よりよく描けていてよかったと思います。(^_^;)」グループ長の温かいコメントに、校長先生も「さすが6年生ですね。」とほめていました。

2007 中川小学校 6年日記   1年 2年 3年 4年 5年 6年 保健室 もどる