6年「お化け屋敷」



 当日は適度に暗い雨空で、「お化け屋敷日和?」でした。
 お化け屋敷は、お墓での肝試しを考えてもらえば分かるとおり、お化けが出てくるかどうかより、「何が出てきそうなこと」が怖いのです。
 
 THさんが放送室から持ってきたライトで眼を見えにくくすることから始まります。
 MIさん、SBさん、MHが作った「不気味家」のお墓に意識が行きます。するとわずかなすき間からREさん、ITさんがおどかします。
 これで入った人は、次に何が出てくるのか「疑心暗鬼」になります。
 でも実際には、
・冷たいゴム手袋・天井のガイコツ・赤い懐中電灯しかありません。
 しかし、JIさんと担任の作った狭くなるコースのお陰で、なかなか前に進めません。
 なかなか出てこないお化けに「脅かすなら早く出てきて!」と恐る恐る歩いていく人もいました。
 その後、
・内蔵が光る人体模型に気を取られていると、後ろからYYさん、YHさんの第2のお化けの登場です。
 狭い通路を抜けた後、第3のお化けのYAさん、RIさんが脅かします。
次にはKYさんの作った・手首と生首(紙粘土製)があります。
 その後カメラのフラッシュを直視してしまい、暗闇に慣れた目が再び見えにくくなります。
 家庭科室前にはAOさんとAAさんの準備したビブスののれんが前をさえぎり、最後のお化け、ミイラ男に扮するTHさん、THさんの登場です。
 出口は近いのですが、AOさん、AAさん、JIさんが仕掛けた悪路のせいで、思うように逃げられませんでした。
 何とか外に出てきた人はみな、引きつった表情でした。


「中小祭り」の最初のページにもどる        


トップページへもどる