閉校記念式典 児童発表
「中川小のあゆみ」(2/8)

 昭和8年には、創立50周年記念ということで校歌ができました。作詞は相馬御風先生、作曲は井上武士先生でした。そのころ学校に通っていたある児童のおじいさんは、今でも校歌を覚えているそうです。
 昭和10年には、体育館が完成しました。閉校前まで学校に残っていた最も古い建物です。
 その後、だんだん戦争が激しくなり、人々の生活が苦しくなってきました。ある児童のおじいさんの話では食べ物を得るために学校園に芋を植えたり、イナゴを捕まえたりしたこともあったそうです。ほかの児童のおじいさんによると、空襲に備えて都会から疎開してきた同級生もいていっしょに勉強したそうです。

相馬御風直筆の校歌(現存)

閉校前の体育館での様子

昭和10年落成当時の体育館(屋内運動場)

戦前の校舎風景

戦時中の卒業写真

前のページへ 次のページへ