佐渡といったら やっぱり佐渡金山

 

  佐渡といえばやっぱりこれ!佐渡金山です。6年生は、ここ佐渡金山に来ました。坑道で動いているのはリアルな人形。迫力満点でおどろきました。


今、窓からのぞいてるこの山は「道遊の割戸(どうゆうのわれと)」といいます。もとは1つの山でしたが、金を掘り出そうと、山を掘り過ぎてこのように2つの山のように割れてしまいました。

これは金を掘っている人を再現した人形です。本物みたいで驚きました。  
「早く外に出て酒を飲みてぇ。なじみの女にも会いてぇなあ。」・・・何と!?しゃべる人形は、一体200万円!もするんです。
やっと出口に到着です。みんなで写真を撮りました。「はい、チーズ!」
        この近くにも人形があってびっくりしました。
 
最後に、重さ12.5Kgの金を取り出せるか、試してみました。
意外に重くて、残念ながらだれも持てませんでした。トホホ・・・・。(-_-)

   ここで一句

「金山は 見てさわって 楽しいな」

メニューページに戻る