夏休みに向けて

               
〜「生きる力」を体得する絶好のチャンス〜

                                       平成17年 7月 22日  No 5
                                 
                                                           
                                                 校長 布川 治夫



 74日間(1年生は73日間)の1学期が終わり、子供たちが待ちに待っていた夏休みが始まります。
 夏休みは、子供たちにとって「生きる力」を体得する絶好のチャンスです。40日間の中で、子供たちには自分で立てた計画に向かって、自分から大いに挑戦し、やり遂げた充実感や達成感を味わって欲しいと願っています。
 そのためにも、保護者の皆様からもぜひ計画作りに参加していただき、子供たちの力に応じた計画になるよう支援していただきたいと思います。
 8月の終わりにあせってやったり、「何でもっと早くやらなかったの!」(「だったら何でもっと早く言ってくれなかったの!???」という子供の声が…)などという言葉が出ない夏休みになって欲しいと願っています。
 あんまり欲張ると計画倒れになります。家族の一員として、基本的な生活習慣を身に付けることも大切なことです。健康保持と事故防止に努めながら、子供たち一人一人にとって、この夏休みが有意義で充実したものになるよう御支援ください。
 9月1日には全校児童の元気な笑顔で2学期をスタートさせたいと願っています。


☆子供の才能を掘り起こす言葉☆ 〜同じ子供がこんな見方もできる〜
▲おしゃべりだね。      
▲好き嫌いが激しいね。    
▲不良っぽいね。
▲乱暴な子だね。
▲怒りっぽいね。
▲臆病だね。
▲だらしないね。
◎表現力豊かだね。
◎選択力があるね。
◎お前は何かにつけて進歩的だ。
◎行動にメリハリがある子だね。
◎一瞬一瞬にかける子だね。
◎用心深いね。
◎こせこせしないね。大物だ。



◆◆◆家庭や地域でパワーアップの夏休み◆◆◆

No 1No 2No 3No 4