『学校評議員会』

               


                                       平成17年11月 1日  No 8
                                 
                                                           
                                                 校長 布川 治夫


 本年度からスタートしました「学校評議員会」についてお知らせします。
学校評議員会は、学校運営や教育活動についてそれぞれの立場からご意見やご提言をいただきながら、よりよい学校づくりに役立てていく場です。
 学校評議員は、校長の推薦により新発田市教育委員会から委嘱された方々です。

本年度は次の4名の方々です。
中川小学校 「評議委員」
  ◇菊池 仁  様 (元加治川村村議会議員)
  ◇織田 一  様 (中川地区区長会長、向中条区長)
  ◇渡辺 康弘 様 (中川小学校教育振興会長、保護者)
  ◇中野 康平 様 (前中川小学校教育振興会副会長、保護者

 10月7日(金)の第1回「学校評議員会」では、学校側から本年度の学校運営や教育活動の中間報告をこれまで実施してきたアンケートや各種調査等の分析資料に基づいて説明させていただきました。特に、「学力向上」「心育成」「体力向上」分野における子供たちの実態と今年度の取組状況等について説明し、評議員の皆様から質問やご意見をいただきました。

〜評議員からの声〜

【地域での子供の様子】 
  • 挨拶をよくしている。
  • 学年をこえて遊ぶ姿が見られる。元気よく遊んでいる。
  • 小さいこと一緒になって遊んでいる高学年の姿あり。
  • 中学生も挨拶をする。小学校からの習慣が身に付いている。
【気にかかること】
  • 子供にお使いをさせない親→集落内の人との関わりが少なくなる。顔見知りの大人が減ってきた。もっとお使いをさせたらどうか。
  • 生活習慣は子供以上に親がしっかりしないといけない。
  • 子供の体力が心配。鉄棒や逆立ちをしている子の姿を見なくなった。


No 1No 2No 3No 4No 5No 6No 7